昭和レトロから北欧テイスト、アメリカンビンテージまで、各国の食器や雑貨・インテリアをセレクト販売しております。

どれが好き?オールドパイレックスの種類 Vol.2 プリント編 

0
    今日は、久しぶりの長編ブログの更新です!



    かわいいプリントで全世界中にコレクターがいる、

    オールドパイレックスの種類を紹介するコーナー、

    『どれが好き?オールドパイレックスの種類 プリント編 Vol.2』。



    早速、紹介をしていきたいと思います。



    オールドパイレックスの種類 プリント編 Vol.2
    FRIENDSHIP / フレンドシップ
    オールドパイレックス フレンドシップ作られたのが1971年〜と、比較的新しいシリーズではありますが、

    とても人気があるシリーズです。

    赤と黄色で描かれた鳥やお花がかわいらしい、

    元気いっぱいのプリントが特徴です。



    このシリーズの“赤色”は『フレンドシップレッド』と呼ばれ、

    他のオールドパイレックスの赤とは微妙に違います。



    また、キャセロールやボウルなどは、

    サイズが大きくなっていくにつれて

    プリントが多く・細かくなっていくのも特徴。



    他のシリーズもある程度は模様が増えたりはしていると思いますが、

    このフレンドシップは模様が増えて

    見ごたえがアップしていくのも魅力です。



    画像1 キャセロールのMサイズ。

    画像2 ミキシングボウルのSサイズ。丼として使うのにちょうどいい大きさ。






    BUTTERPRINT / バタープリント
    オールドパイレックス バタープリント

    オールドパイレックスと言えば

    このプリントを思い浮かべる人もいるのでは?

    『バタープリント』は1950年代〜作られている、

    とても有名で定番的なプリントです。

    別名:アーミッシュとも呼ばれています。



    “アーミッシュ”とは、アメリカのペンシルベニア州・中西部などや

    カナダ・オンタリオ州などに居住するドイツ系移民のこと。

    移民当時の生活様式をそのままに、

    農耕や牧畜によって自給自足生活をしていることで知られます。



    このシリーズのプリントが、

    アーミッシュの人の生活を表していると見られることから

    こう呼ばれているのかも知れませんね。



    涼しげな水色のプリントがかわいらしいシリーズですが、

    キャセロールとミキシングボウルにだけ存在する、

    ピンクとイエローのカラーが

    とてもレアで貴重とされています。

    特にピンクがレアで、驚くような価格が付いています。



    画像3 ミキシングボウルのMサイズ。

    画像4 キャセロールのピンク。かなりレアです。




    ・バタープリント リフリッジレーター Sサイズ? の販売ページはこちら>>

    ・バタープリント リフリッジレーター Sサイズ? の販売ページはこちら>>





    EARLY AMERICAN / アーリーアメリカン
    オールドパイレックス アーリーアメリカン

    1960年代に販売になったシリーズ。

    トウモロコシ、ニワトリ、ネコ、ワシ、

    コーヒーミルのような道具など

    古き良き時代の生活にかかわりの深いプリントが魅力です。



    このシリーズの特徴は、

    ミキシングボウルとキャセロールのブラウン地の時のみ、

    プリントがゴールドになっているところ。



    また、アーリーアメリカンとは、西部開拓時代などを指す言葉です。

    映画でいう“西部劇”や、『大草原の小さな家』などの時代。

    このプリントのイメージとぴったりですね。



    画像5 リフリッジレーターのLサイズ。

    画像6 リフリッジレーターのSサイズ。






    HORIZON BLUE / ホライゾンブルー
    オールドパイレックス ホライゾンブルー

    ホライゾンとは、水平線という意味。

    水平線は、空と海の境界線のこと。

    だからでしょうか、印象的なブルーのオリエンタルな模様が

    まっすぐ水平にプリントされているシリーズです。



    鳥や家畜、農夫などかわいらしいモチーフが多いオールドパイレックスの中で、

    少し珍しい、模様が主体のシリーズです。



    他のキャセロールの蓋は透明なのですが、

    オーバルキャセロールとディバイデッドディッシュの蓋には

    白地に美しい模様が描かれています。

    この模様に惹かれる人も多いのではないでしょうか。



    作られたのは1970年代と比較的新しいシリーズですが、

    個性的な特徴のある人気のシリーズです。



    画像7 キャセロールのMサイズ。

    画像8 ディバイデッドディッシュを上から見たところ。独特のプリントが施されています。





    ・ホライゾン ブルー ラウンドミキシングボウル Sサイズ の販売ページはこちら>>





    TOWN AND COUNTRY / タウンアンドカントリー
    オールドパイレックス タウンアンドカントリー

    “ペンシルバニアダッチ”という民族をイメージした説があるシリーズ。

    “ペンシルバニアダッチ”とは、17世紀から18世紀にかけて

    ドイツ語圏からアメリカ合衆国に移住した人々の子孫のこと。



    バタープリントの別名である“アーミッシュ”の人々も、

    この“ペンシルバニアダッチ”に含まれるようです。



    どちらも質素な暮らしを好み、昔から変わらない伝統的なスタイルを

    現在でも大切にして生きている人達です。



    “ペンシルバニアダッチ”の人々が得意とする

    キルトの模様「シックスポイントスター」と、

    彼らが魔よけに使っている印がモチーフのシリーズです。



    画像9 ミキシングボウルSサイズ。カラーは単色で茶色。

    画像10 オーバルキャセロール。カラーは2色使われています。






    OLD ORCHARD / オールドオーチャード
    オールドパイレックス オールドオーチャード1960年代に製造されていたシリーズ。

    りんご、洋ナシ、ブドウ、モモなど

    たくさんのフルーツがプリントされているシリーズ。

    オーチャードとは、果樹園のことです。



    このシリーズの特徴は、キャセロールの蓋に他のシリーズには見られない、

    クリアガラスに色が吹きつけられているというもの。(画像12)

    また、形によってはブラウン〜オレンジのグラデーションカラーがあるのも

    魅力の一つです。



    画像11 ミキシングボウルSサイズ。グラデーションカラーが魅力。

    画像12 ラウンドキャセロール。ガラスの蓋に、カラーが吹きつけで施されています。







    FOREST FANCIES / フォレストファンシー
    オールドパイレックス フォレストファンシー草むらの中に生えたたくさんのキノコが描かれたシリーズ。

    まるでこびとが見ているような目線で描かれています。



    このシリーズは、キャセロールとシンデレラミキシングボウル、

    ミキシングボウルしか出ていないようです。

    (当時のフォレストファンシーの広告にこの3型しか載っていなかったので、

    たぶんそうだと思います。)




    意外と情報の少ないシリーズ、というのも特徴の1つかもしれません。



    画像13 キャセロール。

    画像14 きのこ柄をアップにしてみました。




    ・フォレストファンシー ラウンドミキシングボウル Mサイズ の販売ページはこちら>>



    次回の長編ブログは…
    プリント編 Vol.2 いかがでしたでしょうか?

    ファイヤーキングもそうですが、

    オールドパイレックスも本当にたくさんの種類があります。



    海外のサイトを調べたりしていると、

    見たことのないプリントやカラーの物をたくさん見かけます。



    名前がわからないので紹介するのは難しいですが、

    そのうちあまり見かけないシリーズをまとめたりしても

    楽しいかもしれませんね。



    次回の長編ブログはオールドパイレックス プリント編 Vol.3になります。

    Vol.1、2とはまた違ったドットやストライプなどのシリーズを紹介していきます。



    楽しみにしていてくださいね!!



























    たくさんの方に読んでいただきたいので、

    「ブログ村」と「人気ブログランキング」にも参加しました!

    下↓のボタンを1度ずつ押していただけると嬉しいです★



    ブログランキング・にほんブログ村へ











    search this site.

    profile

    書いた記事数:127 最後に更新した日:2017/11/28

    selected entries

    categories

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    archives

    recent comment

    • こびとのウリムの発想の原点、藤城清治さんの影絵原画展に行ってきました。
      URiMこびとの雑貨店 店主
    • こびとのウリムの発想の原点、藤城清治さんの影絵原画展に行ってきました。
      宮川由紀

    links

    mobile

    qrcode

    PR





    PVアクセスランキング にほんブログ村